業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

田舎にある農地を使って副業で農業をスタートしたいと考えています。

私は今、都内で会社員として働いています。
このご時世なので、給料も上がらず、副業を始めたいと考えているのですが、なかなかやりたいことが見つからず、手をつけられていませんでした。
しかし、この間テレビを見ていたところ、会社員をしながら、農家として副業で稼いでいる人がいるそうで、私もやってみたいと思いました。
というのも、私の実家は地方の田舎にあるのですが、この田舎に親族が残した農地がたくさんあるからです。
私が子供の頃は、田んぼで米を作り、畑では色々な野菜を作っていました。
梨などのフルーツも作っていたと記憶しています。
現在は、全員が高齢化してしまったこともあり、田舎の管理してくれる団体みたいなところに、年間でいくらか払い、管理をお願いしています。
会社員なので、毎日農業をすることはできませんが、週末は地元に帰り、色々やってみたいと思っています。
週末だけでも農業ってできるものなのでしょうか?
ちなみに、力仕事は無理ですが、親族は健在なので、草むしりとか水やりはお願いすることは可能だと思います。

回答

どこまでの規模で農業をするのかによっても変わってくるでしょう。


農業と一概で言っても、そう簡単ではないでしょう。

単純に、作物を育てることもそうですが、育てた作物を収穫する、さらにはそれを出荷して販売ルートに乗せることで、初めて利益が得られます。

つまり、手掛けてからお金になるまで、結構な時間がかかってしまう、ということになりますね。

そもそもですが、週末だけの農業だと、できること、育てられる作物は限られてくるでしょう。

この辺りは、元々農業を営んでいた親族の方にアドバイスをもらうといいでしょう。

ただ、その規模で副業としてスタートしても、おそらくあまり稼げません。

しっかりと事業として成り立たせないならば、実際に農業の作業を行うのは親族に任せ、あなたは販売ルートの確保や、営業という部分に注力した方がいいかもしれません。

例えば、週末だけに地元に帰ることができるならば、月曜日?金曜日は親族に依頼し、金曜日の仕事終わりに地元に戻り、土日は都内へ配達、みたいなことができれば、販売ルートは普段でも開拓できますよね。

どちらにせよ、週末の空いた時間を使った農業では、農業というより家庭菜園に近い感じだと思います。

PageTop