業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

農家になるための適性や注意点は?

私と主人は結婚相談所で知り合いましたが、お互いにアウトドアが趣味というところで意気投合して、結婚相談所の担当のカウンセラーの方にも、一緒にアウトドアを楽しめる男性を第一条件として伝えていたため、とても良い人と巡り合えたと思っています。
二人とも東京生まれの東京育ちで、アウトドアは好きですが農業の経験は全くありません。
自然は大好きで、一度友人が所有している畑を手伝ったことがあるのですが、そのときに毎日自然に囲まれて仕事ができて、それでいて収入も得られるのであれば、私たちにとってこんなに幸せなことはなく、これを仕事にできればどんなに幸せなの?と思った次第です。
これまではただの夢だったわけですが、最近では脱サラして農業をはじめる人や、定年後に田舎暮らしをはじめて、本格的でなくても農業で収入を得ている方も増えていると聞いて、本当に農家で食べていけるなら、そうしたいと夫婦で思っているのですが、農家になるための適正や、農家になる上での注意点があれば教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

計画的に農業をはじめることをおすすめします。


安易な気持ちで農家になることには大きな危険を伴いますし、東京でしか暮らしたことがない方が、急に田舎暮らしをはじめると、想像とはかけ離れたことばかりで、精神的にまいってしまい、結局東京に舞い戻ってくるというケースも少なくありません。
しかし、自然に囲まれて暮らすことが大好きで、畑仕事の経験もあって、毎日同じような作業をコツコツ続けられる忍耐力と、しっかりとした体力があって、夫婦の絆も強いのであれば、農家の適性は満たしていると考えられます。
特に、地道に続けていく仕事が苦にならないなら、思い切って農業にチャレンジしてみてもいいかもしれません。
ただし、農業一本で生計を立てていくのであれば、最初から計画的に利益を出すことを考えなければいけませんし、急に素人が一から畑や田んぼをつくって、十分な収入を得ることは難しいです。
したがって、本気で農家を目指すのでれば、まずは農業法人で働いたり、農家で修行して、農業のノウハウと知識を身に付けることからはじめることをおすすめします。
信念をもって農業を続けていけば、今では株式会社などの組織にして、大きな利益を得ることも十分に可能です。

PageTop