業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

農業のはじめ方についてご指導ください。

両親が、急に定年後は家を売って田舎生活をはじめる宣言をしてきました。
ずっと都会で暮らしてきた二人が、田舎暮らしができるか北海道で農業を学んだ私としては、かなり心配です。
私は今現在まだ独身で、現在は農薬を取り扱う会社で働いていますが、いずれは自分で農地を持って、好きな人を見つけて、家族をつくって農業をしながら田舎暮らしをしたいという希望があって、きっと都会の女性は私についてきてくれる人は少ないと思い、これまで彼女は何人かいましたが、結婚に踏み切れなかったという現実もあります。
父が定年になるまであと1年以上ありますが、すでに田舎暮らしをする候補地を探しているので、私の計画ではまだ農業をはじめるのは先の話でしたが、ここは両親のことも心配なので、真剣に私も両親と一緒に田舎に行って、転職を考えようとしているところです。
もちろん農業をはじめるのには農地が必要なことは分かっていて、規制緩和されたので、そのハードルは低くなっていることは承知していますが、詳しい農地の購入方法や、どうやって農業をはじめる準備をすればいいのかも良く分からないので、その点を詳しくご指導いただけないでしょうか?


回答

まずは農地を借りる手法を取る方が多くなっています。


ご指摘の通りに、農業をはじめるにあたり問題になるのが農地の取得です。
農地を取得するには、いくつかの条件が存在するため、まずは正しい知識を身に付けて、正規の手続きを踏んで農地を手に入れましょう。
農地は宅地などとは違い、右から左とは所有権を移せないようになっています。
規制緩和を受けて、現在では農地を借りやすくなっているため、新たに農業をはじめるハードルはかなり下がっています。
最初から広大な農地を手に入れるには、条件をクリアする以外にも、高額な自己資金が必要になり、それ以外にも、不動産所得税や固定資産全、さらに農業を行うためのたくさんの農具も必要になります。
したがって新規就農者は、はじめから農地を購入するのはなく、まずは農地を借りて、軌道に乗った後で土地を購入するという手法をとる方が多く見られます。
農業のノウハウもある程度承知していることなので、必要ないかもしれませんが、田舎に移住するなら、農業法人に就職してからという方法も選択できますので、いろいろな方法を模索してみましょう。

PageTop