業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月28日 [FAQ]

家庭で農園を成功させるためには?

前からずっと自分の家の庭を農園にして、将来的には完全に自給自足が実現できれば嬉しいと考えていました。
主人は仕事人間で、そんな私のささやかな夢について聞く耳を持ってくれなくて、私も現実はパートもしていて、大学生の一人息子の世話もしなければいけなかったので、これまで農園を造ることはただの夢でしかありませんでした。
しかし、昨年息子が大学を卒業して都内の大手企業に就職して、しばらくは家から会社に通っていましたが、間もなく転勤が言い渡されて、急に家を出て行くことになりました。
もう息子の学費の心配はありませんが、時間を持て余すのでパートは今後も続けようと思っていますが、そうなると自分で自由になるお金もできるので、この際好きなことをしようと思って、一応主人にも許可を取って、地元の造園業者に頼んで、庭を農園ができる状態にしてもらいました。
早速近くにあるホームセンターから、いろいろな種や苗を購入してきたのですが、いざはじめようといろいろ調べてみると、分からないことがたくさんあって、どこから手を付ければいいか困惑しています。
家庭で農園を成功させる方法を教えてください。


回答

しっかりとした作付け計画を立てましょう。


立派な農園にするにはいろいろな農具や資材も必要ですが、しっかりとした作付け計画を立てることが肝心です。
前から家庭菜園に憧れていて、いろいろな野菜を栽培したいという気持ちは分かりますが、無計画にいろいろな種や苗をたくさん衝動買いしてしまうと、それが失敗につながることはよくあることです。
野菜には栽培適期があって、購入した種や苗にも使用できる期間が定められているので、栽培適期から外れたものを購入すると無駄にしてしまったり、初心者では栽培が難しいものも多く、さらに同じ畑で同じ科の野菜を育てると、病害虫が発生しやすくなるなどの様々な注意点があります。
もちろんたくさん失敗することで学ぶこともありますが、今ではインターネットなどを利用して、野菜の正しい育て方を容易に調べられるので、敢えて失敗をする必要はありません。
野菜を育てる場所や、育った時の大きさをあらかじめ知っておくことも大切で、事前に栽培適期を確認して、今後は必要な分の種や苗を購入しましょう。
科を意識することも大事なことで、科が違った野菜を後作で作ると、連作障害を免れることができるなど、作付け計画を立てやすくなります。

PageTop