業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月27日 [FAQ]

サクランボ農園の選び方と収穫シーズンは?

今までもサクランボは、私の中で好きな果物ランキングの上位に入っていましたが、先日お土産ではじめて超高級サクランボを頂いて食べてみると、これまで食べたサクランボは何だったの?と思うほど、甘くて美味しくて高級な味が口の中にずっと残っていました。
粒もとても大きくて、ネットで頂いたサクランボの値段を調べてみると、全く同じものではないかもしれませんが、想像以上に高額であることが判明して、是非美味しいサクランボが食べられる農園に行きたいと思いました。
東京都内にもサクランボ狩りができる農園はあるようですが、せっかくならベストな収穫シーズンに、本場の絶品のサクランボを食べたと考えているので、それができるサクランボ農園の選び方と、サクランボの収穫シーズンなど、分かる範囲でためになる情報を教えてください。


回答

4月から8月までサクランボ狩りを楽しめます。


何の果物でも、旬の時期に食べるのが一番美味しくて、サクランボ狩りのベストシーズンは、春から初夏となっています。
ただし、品種や栽培方法によっても食べ頃は微妙に変わっているので、地域の情報などもしっかり集めて、ベストな時期を狙ってサクランボ狩りに行きましょう。
「紅さやか」などの早生種は、5月のはじめから出回り、4月の下旬からサクランボ狩りができる農園もあります。
サクランボでは最も有名な「佐藤錦」も食べ頃を迎え、最もサクランボは市場に出回るのは6月です。
6月は多くの品種が出回りますので、サクランボ狩りに最も適していると言えます。
「紅秀峰」や「ナポレオン」などの晩生種は、7月の頭から8月にかけて出回りますので、夏休みを利用してサクランボ狩りに行くことができます。
やはりサクランボといえば、全国シェアの7割以上を占める、山形県が有名です。
佐藤錦の発祥地でもあり、蔵王や山寺などの観光地に近いサクランボ狩りができる農園もあるので、全国から多くの観光客が集まります。
山形県は、昼夜の寒暖差が大きいなど、サクランボの生育に適した条件が揃っていて、都心からでも車や電車で1時間代で訪れることができるところも嬉しいポイントです。
都心からは離れていますが、北海道でもサクランボの栽培は盛んに行われていて、ここでは8月のお盆の時期までサクランボ狩りを楽しめるし、暑い夏を過ごすには最高の地で、バーベキュー場が併設されている農園もあるので、1日中でサクランボ狩りを満喫することができます。

PageTop