業者選びに役に立つ農業・農園に関連した業者をご紹介します。

農業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月04日 [FAQ]

遠方にある祖母の墓参りを代行してくれる業者はありますか?

農業に興味があり、実際に農家の仕事を経験したいと思っています。学校の休みを利用した短期バイトになるのですが、短期でも住み込みは可能ですか?学生でもバイト出来ますか?短期間で学べることは限られていると思いますが、どのくらいのことが学べるものでしょうか?農業のバイトに詳しい方がいましたら教えて下さい。

回答

四季を通じて農業作業を続けられると農業について深く学べるでしょう


将来、農家や農業関連の仕事に就きたいと意思が固まっている方は農業大学に通って知識を身に付けられる方が多いです。一方、興味があり、まずは体験してみたいと考えておられる方は農家のバイトで実際の仕事を経験してみて、現実を知った上で進路を決められるのがよいでしょう。農業バイトは夏休みなどを利用した短期の住み込みバイトが人気です。農家の仕事は朝が早いことが多く、通うのは大変な場合が多いことから住み込みが可能な場合が多いです。いきなり、住み込みで長時間の労働が出来るか不安な場合、通いで短時間の単発バイトから始めるのもよいでしょう。
短期のバイトは主に収穫作業がメインです。野菜の種類は違っても刈り取って収穫し、段ボールに詰めてトラックに載せる作業の繰り返しが基本です。農家の仕事は正に肉体労働です。安易な気持ちで出来る仕事ではなく、気合で乗り切るというものでもありません。初めての方はまずは確実にこなせる時間から始めて、少しずつステップアップされることが無理なく続けられる秘訣かもしれません。農家のバイト募集は求人サイト、各市町村の農政課や農協でも農家の求人を扱っています。地域の農業の現状や労働条件について質問することも出来ますので、働きたい地域が決まっていましたら自治体や農協の窓口に問い合わせるとよいでしょう。短期の農業バイトでは農作業の中の一つの過程を経験することが多く、農業を一通り学ぶことは出来ません。
四季を通じてこまめにバイトに呼んでもらえれば経験を積むことができ、より深く学べます。常に短期バイトが入れ替わりする農家で自分を記憶してもらうために、真摯な気持ちで取り組み、丁寧な仕事と人付き合いを目指し、アピールしましょう。
農業は重労働ですが収穫時の充実感や喜びは格別です。生活の中心にある「食」を支える偉大な仕事に若い方の情熱が絶えることなく続くことを願っています。

PageTop